祇園祭と伊東家

いよいよ7月!
7月といえば京都はやはり「祇園祭」。
去年と一昨年はコロナウイルスのせいで
主な行事はほとんど中止となってしまいましたが、
今年はほぼ例年通りの内容で行われるようです。

京都新聞朝刊(7月1日)

昨日の京都新聞朝刊には長刀鉾稚児の天冠のアップ写真が!
実はこの天冠、5年前に伊東家で修復させていただいたもの・・・

「和泉小次郎親衡」像

さてこれまでにも書いていますが、
この天冠の他にも伊東家にとってたいへん縁が深いこの祇園祭。
祇園祭に関する以前の日記をまとめました。
かなりの数になりましたが、ぜひご高覧ください。

長刀鉾「和泉小次郎親衡」像(2012/6/6)
ソフィア 京都新聞文化会議(2012/6/11)
長刀鉾「和泉小次郎親衡」像2(2012/7/1)
月鉾稚児人形「於菟麿」(2012/7/8)
小学校にて(2013/6/14)
祇園祭ときゅうり(2013/7/3)
神輿洗い(2013/7/11)
祇園祭山鉾巡行(2013/7/18)
長刀鉾「和泉小次郎親衡」の話(2016/7/12)
続・祇園祭と伊東家(2016/7/17)
長刀鉾「花天冠」修復(2017/6/21)
祇園祭の曳き初め(20197/13)
月鉾の「於菟麿」(2019/7/21)

完成!

ご依頼を受けて約3年。
久重の大作「天の御子」がついに完成しました!

「天冠」

昨年中の完成を目指し制作していた作品でしたが、
細部へのこだわりもあり半年遅れての完成となりました(笑)

衣装(前側)

美術運送で丁寧に梱包され出発する姿に感慨もひとしお。
来月には収蔵先にて開梱し、飾り付けの予定です!

彫る!

京都もいよいよ梅雨入り!ということですが、
そうとは思えぬ暑い日が続いています。

粗彫り!

制作の方は来年1月に予定している久重の展覧会に向け、
ひたすら彫り続ける日々・・・

大量の木屑!

大量の木屑を見るたび薪ストーブを買おうか迷うのですが、
この程度では火起こしが精一杯かも(笑)
それはともかく梅雨明け後の「胡粉塗り」に向け彫りまくります!

虎屋文化講演会御礼

虎屋赤坂ギャラリー(東京都港区赤坂)にて開催いたしました、
虎屋文化講演会「伊東家の人形作り」が昨日無事終了しました。

とらや赤坂店

考えてみると東京では初めての講演会で
どうなることかと心配しておりましたが、
ご参加のお客様にはたいへん熱心にお聞きいただき
楽しい講演会になったのではないかと自負しております(笑)

会場風景

ご参加いただきました皆様、
また講演会を企画いただきました虎屋文庫の皆様に
心より御礼申し上げます。
またお目にかかれます機会を楽しみにしております。

虎屋文化講演会

突然ですがおしらせです(笑)
来月5月28日(土)、
虎屋赤坂ギャラリー(東京都港区赤坂)におきまして
虎屋文化講演会「伊東家の人形作り」を開催いたします。

講演会DM表面

本講演会はコロナ禍の関係で定員は先着30名・・・

講演会DM裏面

何をお話しするかはまだ決めていませんが、
当日は楽しい講演会にしたいと思っています。
参加ご希望の方にはぜひ早めのお申し込みをお願いいたします。

春学期開始!

4月も半ばを過ぎました。
伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
春季展覧会「久重十三世嗣 伊東庄五郎展」が好評開催中。
ぜひお出かけください。

D.W.C.L.A.

さて今週から同志社女子大学の春学期授業が始まりました。
「京都の文化」という壮大なテーマを掲げるこの授業も今年で7年目。
今学期は受講者数を調整してもらったおかげで、
京田辺キャンパスでは2年ぶりに対面式で開催できることになりました。

京田辺キャンパス

マスク姿で表情がわかりにくい状況にもかかわらず、
熱心に話を聞く姿には感心。
京都について、また人形について、
少しでも興味を持つきっかけになってくれたらうれしいです。