小道具

人形の小道具や持物ももちろん自分で作ります!

金彩前の冠

上は来月の個展に出品する「しらたま雛」の冠。
桐の木を彫ったものに胡粉を塗り重ねているのですが、
発色をよくするため金彩の前に黄色を塗っています。

金彩が完了!

気の張る顔描きの合間に金彩で気分転換!と言いたいところですが、
金価格の高騰で場合によっては顔描きより緊張することも(笑)

冗談(?)はともかく展覧会は2月9日から。
おそらく「まん防」下での開催となりそうですが、
会期中は全日会場におります!(11:00~18:00予定)
ぜひご来場ください。

顔描き!

クリスマスも過ぎいよいよ年の瀬も押し迫ってきました。
ただし私は2月の展覧会に向け年末年始も休みなし!(笑)

顔描き中!

現在工程は「顔描き」の真っ最中。
2~3体ずつ様子を見ながら描いていくのですが、
計画的に進めないと時間切れとなる厳しい状況・・・
ただ最近はこの状況を楽しめる余裕が出てきました(笑)

今年もお世話になりました。
皆様におかれましてはよい年をお迎えください。

ちびたま雛(仮)6

ひさしぶりに「ちびたま雛」(仮)の登場!
作業に集中すると写真を撮るのをつい忘れてしまうため、
前回のアップ時
からはかなり姿が変わってしまいました(笑)

上塗りが完了!

今回は来年2月の展覧会に向け2組並行して制作しています。
写真は上塗り後に乾燥させているところ。
この先の工程は心の余裕があればアップしますが自信ありません(笑)
完成形はぜひ会場でご覧ください!

上彫り完了!

先日アップした力強くポーズをとるふたり。
胡粉の地塗りを無事済ませ、
顔の表情を決める上彫りがようやく完了しました!

上彫りが完了!

上彫りは顔の表情が決まる大事な工程。
完成形を想像しながら塗り重ねた胡粉の層を慎重に削りました。
これはいい顔になりそうです(笑)

やるぞ!

展覧会の予定にもアップしましたが、
来年2月の展覧会に向けて制作もペースアップしています。

やるぞ!

胡粉塗りを前に力強くポーズをとるふたり。
今回も出品する作品すべて、完成形を決めず作り進めています(笑)
どんな姿で晴れ舞台に立つのか楽しみです!

紙貼りに使う和紙

先日「紙貼り」について書きましたが、
今回は紙貼りに使用している和紙をご紹介します。

現在伊東家で使用しているのは
土地の登記簿と思われる公文書(笑)で、
よく見ると「明治十八年」の記載があります。

「紙貼り」に使う和紙

粘りがあって糊がよくなじみ、
人形の曲線にも柔軟にフィットしてくれる古い和紙は
伊東家の制作に欠かせない重要な材料・・・

ちなみにこの古い和紙。
いずれなくなってしまうものですが、
10年ほど前にご縁あって大量に入手。
おそらく百年先までは安泰です(笑)