重陽の節句

今日9月9日は「重陽の節句」。
最大の陽数(奇数)である「9」が重なるこの日は
実は五節句の中でも一番縁起がいい日とされています。

十二世久重作 高盛金彩絵「重陽」

家族はもちろん皆々様の長寿とご多幸を祈り、
十二世久重作の高盛金彩絵「重陽」を飾りました。

五山送り火

昨日8月16日は「五山送り火」。
今年は3年ぶりにすべての火床に火がともりました。
直前まで雷を伴う豪雨でどうなることか心配しましたが、
点火時刻にはピタリとやんでひと安心。

鳥居形

自宅から近い鳥居形。
今年もご先祖様を偲んで手を合わせました。

立秋?

早いものでもう8月。
あいかわらずの猛暑日に、
降るとなると局地的に降る大雨。
全国的な異常気象と言わざるをえません。

比叡山をバックに!

しかし驚いたことに一昨日(7日)は立秋。
そういえば空もなんとなく秋らしく・・・?(笑)

まだしばらくは厳しい残暑が続きそうです。
またコロナの感染者数も急激に増加しております。
皆様におかれましてはくれぐれもご自愛ください。

下鴨神社のみたらし祭

今日24日は祇園祭の後祭巡行と還幸祭。
今年の注目はなんといっても鷹山の196年ぶりの復帰。
巡行自体が3年ぶりの実施となったこともあり、
たいへん盛り上がりました。

「楼門」

また伊東家でこの時期はずせないのは下鴨神社の「みたらし祭」。
境内を流れる「みたらし川」を進み、無病息災を祈ることから、
別名「足つけ神事」ともいわれる行事です。

水が冷たい!

あいかわらずの猛暑日でしたが、
冷たい川に足をつけた人々から必ず起こる歓声と悲鳴(笑)
ろうそくを供えた後には御神水をいただき帰路へ。
今年も変わらずお詣りできて気分がすっきりしました!

展覧会のおしらせ

今日は祇園祭の前祭巡行と神幸祭。
盛り上がっている京都から少し気の早いおしらせです(笑)

伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
11月6日(日)から29日(火)まで、
2022年 秋季展覧会を開催することとなりました。

美術館の数寄屋門

詳細はまたご案内しますが、初日には私も在館します。
ぜひご予定いただきますようお願いいたします。