上彫り完了!

先日アップした力強くポーズをとるふたり。
胡粉の地塗りを無事済ませ、
顔の表情を決める上彫りがようやく完了しました!

上彫りが完了!

上彫りは顔の表情が決まる大事な工程。
完成形を想像しながら塗り重ねた胡粉の層を慎重に削りました。
これはいい顔になりそうです(笑)

婦人画報1月号

突然ですがおしらせです(笑)
現在発売中の婦人画報1月号。
その表紙に父・十二世久重作の「宝船」が掲載されています!

婦人画報1月号

発売直後からたくさんの反響をいただき感謝・・・
しかも特集記事には存じ上げている方の名前がズラリ(笑)
いつもながら充実した内容となっております。
ぜひご高覧ください!

展覧会御礼

伊東久重美術館(静岡県駿河平)にて
開催しておりました秋季展覧会が本日無事終了しました。

「京室 鶴」

本展は各日各時間帯を1組限定の完全予約制とするなど、
感染症対策には最大限の注意を払っての開催となりました。
ご来館いただきました皆様には心より御礼申し上げます。

やるぞ!

展覧会の予定にもアップしましたが、
来年2月の展覧会に向けて制作もペースアップしています。

やるぞ!

胡粉塗りを前に力強くポーズをとるふたり。
今回も出品する作品すべて、完成形を決めず作り進めています(笑)
どんな姿で晴れ舞台に立つのか楽しみです!

京都御所「宮廷文化の紹介」

秋も深まり京都にもいよいよ紅葉シーズンが到来!
ということで、突然ですがおしらせです(笑)

チラシ表面

京都御所では来週19日(金)から23日(火・祝)まで、
特別公開「宮廷文化の紹介」<令和3年秋>が開催されます。

チラシ裏面

御所内の御三間では「東宮新茶御壺口切之儀」のシーンが
伊東家の時代風俗人形5体によって再現されます。
紅葉散策の折にはぜひお立ち寄りください。

紙貼りに使う和紙

先日「紙貼り」について書きましたが、
今回は紙貼りに使用している和紙をご紹介します。

現在伊東家で使用しているのは
土地の登記簿と思われる公文書(笑)で、
よく見ると「明治十八年」の記載があります。

「紙貼り」に使う和紙

粘りがあって糊がよくなじみ、
人形の曲線にも柔軟にフィットしてくれる古い和紙は
伊東家の制作に欠かせない重要な材料・・・

ちなみにこの古い和紙。
いずれなくなってしまうものですが、
10年ほど前にご縁あって大量に入手。
おそらく百年先までは安泰です(笑)