「古都の春、老舗の華」

3月も中旬となり、いよいよ春の気配が近づいてきました。
とはいえこの季節は「花粉症」の身にとってはつらい日々・・・
今年は例年より早く、飲み薬と目薬、マスクで対策しています。

と、そんな話とは全く関係なく、展覧会のお知らせです。

案内状表面

父と私の共通の友人、
そのお義父様が「虎屋京都ギャラリー」でスケッチ展を開催されます。

古都の春、老舗の華(はる)」と命名されたこの展覧会。
46軒の錚々たる老舗の貌(かお)が描かれたスケッチが展観されます。
なんと、その中には我が「伊東家」の貌(かお)も!

案内状裏面

展覧会は3月18日(金)から24日(木)まで。
今春はJR東海の「そうだ京都行こう」のCMに取り上げられ、
ますます賑わいそうな「京都御苑」。
そのすぐ近く「虎屋京都ギャラリー」にぜひお出かけください。

展覧会御礼

柿傳ギャラリー(東京都新宿)で開催しておりました、
「平成 新猿楽記」が終了しました。

素晴らしいメンバーと作品が揃い、会場は連日大盛況!
おかげさまで盛会のうちに閉場することができました。

あまり関係ない「東京タワー」

私にとって「とても刺激の多い」展覧会でした。
お忙しいところご来場いただきました方々、
お心づくしの御花をお贈りいただいた方々、
また作品をお買い上げいただきました方々に心から御礼申し上げます。

柿傳ギャラリー

行ってきました!

「安与ビル」

ただいま「平成 新猿楽記」開催中の「柿傳ギャラリー」。
実は私、初めて寄せていただいたのですが、ギャラリーはもちろん、
ギャラリーのある「安与ビル」もすごくいい雰囲気!

ギャラリーへの階段

初日のみの短い滞在でしたが、展覧会は連日大盛況。
この「平成 新猿楽記」、10日(木)までの開催です。
ぜひご高覧ください!

「ひなまつり」

今日は3月3日。
もちろん「ひなまつり」ですが、
ゆっくりしている時間はまったくありません。

実はここのところ猛烈に忙しく、毎日(本当に)走ってます。
この「ちびたま日記」もひさしぶりの更新となってしまいました。

宝鏡寺の人形塚

ところでそんな中、
いつもお世話になっている「人形の寺」として名高い
宝鏡寺門跡」の「ひなまつり」に参列してきました。

雪がちらつく本当に寒い日(1日)でしたが、
島原の太夫による「舞」と「お琴」の奉納、「一弦」の演奏など、
たくさんのお客様とともに堪能してきました。

この宝鏡寺では4月3日(火)まで「春の人形展」が開催されており、
伊東家の「時代風俗人形」も6体展観されています。
いよいよ春、ぜひお出かけください。

表千家北山会館

また明日は「京都東ロータリークラブ」主催の父の講演会が、
表千家北山会館で開催されます。

こちらはおかげさまで「キャンセル待ち」の大盛況。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

「平成新猿楽記」

さらに!
先日もお知らせした通り、明日から10日(木)までの7日間、
新宿の「柿傳ギャラリー」にて「平成 新猿楽記」が始まります。
素晴らしい仲間と作品が揃いました。

私は明日(4日)のみの在廊ですが、
夕方にはレセプションパーティーも予定されています。
ぜひお出かけください!

「永青文庫」

またまた突然のお知らせですが、
明日2月27日(土)から4月10日(日)まで、
細川家ゆかりの「永青文庫」(東京都文京区目白台)にて、
桃の節句 細川家のお雛さまとかわいい仲間たち」が開催されます。

「永青文庫」

細川家ゆかりの「雛飾り」や「嫁入り道具」が特別公開されるこの展覧会。
なんとこの錚々たるコレクションに交じり、私の「立雛」が展観されます!

身に余る光栄、ありがたいご縁に心から感謝。
是非ご高覧ください。

「平成新猿楽記」

「平成新猿楽記」1

突然ですが、来月4日(金)から10日(木)までの7日間、
新宿の「柿傳ギャラリー」におきまして、
平成新猿楽記」(へいせいしんさるごうき)が開催されます。

「平成新猿楽記」2

今年廻り年になる「申年生まれ」の先輩方の声掛けで、
気の合う仲間が集まったこの展覧会。
私にとっては初めてとなる「グループ展」です。

「平成新猿楽記」3

いわゆる「団体」に所属しない自分には、とても刺激になる展覧会。
ぜひご高覧ください!

「平成新猿楽記」4

大きな声では言えませんが、
この案内状の作品、締め切りに間に合わず、
私のみ「申」とまったく関係のない「参考画像」の掲載・・・

本来なら「罰金もの」ですが、実は今も制作の真っ最中。
出品予定は4点、会期には必ず完成させます!