続「粗彫り」

次の目標に向け、
ここ最近はひたすら「彫る」毎日。

「宝雛」の頭(かしら)

ほとんど口をきくこともなく、朝から夕方まで。
無心で彫っている間にも、
いろいろな構想が浮かんできたりして楽しい時間です。

いい景色!

家に帰るとこんな光景が。
梅雨入りしたとは思えない爽やかな空気に癒されます。

ところでおもしろいもので、
今日は朝から晩までひたすら話し続ける一日。
あまりにもメリハリあり過ぎて自分でも笑えます。

続「割る」

別角度!

この前書いた「粗彫り」途中の「割る」工程。
これは別角度から撮ったものですが・・・

足の裏の「穴」

こちらは足の裏。
人形が完成してからも内部に空気を循環させ、
湿気による「ヒビ」を防ぐために開けられている「穴」。
これも長い経験から生まれた、
欠かすことのできない「工夫」のひとつです。

「割る」

この前「次の機会に必ず・・・」と書いた、
粗彫り途中に胴体を割って、内部を刳り貫いた状態の写真・・・

割りました!

撮りました!
足の裏にも穴を開け、
「完成してからも中に空気が循環する」ようにしてあります。
貼り合わせる前に内側にサインを入れるのですが・・・
これは今回は非公開(!)にしておきます。

素晴らしい場所!

話は変わって先日、
父の作品数点を「とある場所」に展示させていただきました。
いつ行っても手入れの行き届いた素晴らしい空間、最高の設え。
関係各位には心から感謝いたします。

「貼り合わせ」

この前「ひと息ついた」なんて書きましたが、
実際は「ひと息ついた」感覚はあまり無く、
次の目標に向けての制作に追われています。
完全に忘れていた「ちびたま日記」更新のネタ作りにあわてて写真撮影・・・

「貼り合わせ」てます

これは「粗彫り」途中で胴体を割り、
内部を刳り貫いて貼り合わせたところ。
刳り貫いた状態の写真が無いのは・・・?
次の機会に必ずアップします!

「裂地」いろいろ

彫るのも大事ですが、衣装も大事。
いろいろ裂地を組み合わせて「ああでもない」「こうでもない」と、
取り合わせを考えるのも楽しい時間です。

「粗彫り」

虎屋ギャラリーでの展覧会を終え、二条城の大仕事を終え、
京都LCの文化講演会を終え、同志社女子大学の授業も軌道に乗り・・・と、
ようやくひと息ついたところですが、やはり一番大事なのは作品制作。
次の目標に向け、基本の工程「粗彫り」を進めています。

笑った顔

この「粗彫り」、学生の頃から20年以上続けている大事な工程・・・

引き締まった顔

私にはめずらしく、仕事の途中に作品2点を撮影してみました。
微妙な違いがおわかりいただけるでしょうか?

制作工程については「御所人形の制作法」をご覧ください。