MIHO MUSEUM

いい天気!

梅雨も明けた京都。
いよいよ夏本番・・・というより猛烈な暑さ!

電気自動車を待つ・・・

そんな猛暑の中、
2019年夏期特別展Ⅱ
紫香楽宮と甲賀の神仏」ー紫香楽宮・甲賀寺と甲賀の造形ー の
内覧会にお招きいただき、滋賀県は信楽町にあるMIHO MUSEUMへ。

トンネル

電気自動車でトンネルを抜け・・・と展示はもちろんですが、
ミュージアム全体が持つ雰囲気とロケーションが素晴らしい!

エントランスホール

幾何学模様のガラス屋根から降り注ぐ太陽の光・・・
世界的に有名な建築家・I.M.ペイ氏による設計です。

「紫香楽宮と甲賀の神仏」

展覧会は9月1日(日)まで。
夏休みらしく子供さんも楽しめる展示工夫がされていました。
ぜひお出かけください。

月鉾の「於菟麿」

何度も書いていますが、京都の夏はやはり「祇園祭」。

月鉾稚児人形「於菟麿」

前祭巡行前に訪れた月鉾の会所で会った
九世久重作(明治45年)の稚児人形「於菟麿」。
数ある稚児人形の中でも一番の美男子として人気です。

特等席から!

10日には「神輿洗い」を特等席から・・・

17日の「前祭巡行」と「神幸祭」は終わりましたが、
24日の「後祭巡行」と「還幸祭」に向け、ますます盛り上がる京都。
ぜひお出かけください!

祇園祭の曳き初め

先日の日記にも書きましたが
京都の7月といえばやはり「祇園祭」。
毎日各所で様々な神事や儀式が執り行われています。

御神体の調査に・・・

私も「鉾建て」が行われる10日あたりからは御縁のある山鉾にご挨拶、
また御神体の修復を必要とされている山鉾があればその調査のために
祭中心部をうろうろ(笑)することも・・・と前置きが長くなりましたが
昨日、ある山に御神体の調査に伺い会所を出ると、
賑やかな御囃子の音とともにたくさんの人が・・・

御囃子の音が!

まったく意識していませんでしたが、
12日は「函谷鉾」「鶏鉾」「月鉾」「菊水鉾」「長刀鉾」の
「曳き初め」が行われる「祇園祭好き」にとっては注目すべき日。

「菊水鉾」

四条室町上ルの「菊水鉾」・・・

「月鉾」

四条室町西入の「月鉾」の曳き初めを観ることができ大満足!

真下から!

今日から三連休。
17日の「前祭巡行」に向け、ますます盛り上がる京都です!

いよいよ6月!

早いもので今日から6月。
ということは「令和」になって1か月。
あとひと月で今年も半分が・・・

庄五郎(建一時)作「ちびたま」

というような考え方は自分を焦らせるだけ(笑)
気候のいいこの時期は制作には絶好の季節。
秋の展覧会に向け、心穏やかに制作に励みたいと思います!

ツーリング

令和に入り10日余り。
「庄五郎」の名前にもだいぶ慣れてき・・・ません!(笑)

「トロッコ列車」

さて今年のゴールデンウィークは異例の長さとなりましたが、
私はというと襲名(?)に伴う諸々の行事(?)や、
長らくお待ちいただいている作品の制作に追われていました。

愛車「スーパーカブ90」

しかしそこはせっかくの長期休暇。
「何かしなければ」と連休最終日にあわてて愛車でツーリングへ!

「保津川下り」

家から10分も走れば現れる緑の渓谷・・・

「保津峡」

次男を後ろに乗せ「超低速」走行!(笑)
数時間の外出でしたが、いいリフレッシュになりました。

大寒

明日は「大寒」。
文字通り「一年で最も寒い」とされている日です。

嵯峨名物「小松菜」

自宅近くの小松菜畑にもうっすらと霜が・・・

お正月の掛軸

なぜか今頃にお正月の設え。
祖父が大事にしていた掛軸・・・

「仏手柑」

最近お気に入りの「仏手柑」・・・

インフルエンザが流行っているようです。
くれぐれもご自愛ください!