春学期開始!

4月も半ばを過ぎ、いよいよ「平成」も終わりが近付いています。
来週の土曜日からは驚きの10連休!
長い休みとなりますが、
伊東久重美術館(静岡県駿河平)では「端午の節句」展が好評開催中です。
ぜひお出かけください。

京田辺キャンパス「正門」

ところで先週から同志社女子大学の春学期授業が始まりました。
「京都の文化」という壮大なテーマについて語るこの授業も今年で5年目。
なぜか人気のこの授業。今学期は265名の登録!
大教室の最前列までびっしり詰まった女子大生の迫力は・・・(笑)

大教室!

しかしこれだけの大人数にもかかわらず熱心に話を聞く姿には感心。
京都について、人形について、
少しでも興味を持つきっかけになってくれたらうれしいです。

「端午の節句」展

今年の京都は桜の見ごろが長く、
桜の名所は今も多くの花見の人達で賑わっています。

展覧会案内状

ところで伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
春季展覧会第二弾となる「端午の節句」展が初日を迎えました!

ぜひご来館ください!

この「端午の節句」展は5月26日(日)まで。
5月5日(日)には父・久重も館内におります。
ぜひお出かけください!

京都御所と宝鏡寺

3月もすでに半分を過ぎましたが、
最近は「5月の節句に」と依頼を受けることも多く、
この時期は制作に追われています。

伊東家の時代風俗人形

ところでそんな中いきなりですが、
伊東家の時代風俗人形展観のお知らせです。

京都御所の「紫宸殿」

京都御所では21日(木・祝)まで
御即位30周年記念京都御所特別公開」が開催されており、
宮内庁所蔵の貴重な衣装を付けた伊東家の時代風俗人形が7体、
御所内の「御学問所」と「御三間」に展観されています。

宝鏡寺の「人形塚」

また「人形の寺」として有名な宝鏡寺では
恒例の「春の人形展」が4月3日(水)まで開催されており、
こちらも寺所蔵の貴重な衣装を付けた伊東家の時代風俗人形が6体、
寺内の「書院」と「鶴の間」に展観されています。

御所内を車で・・・

日差しも暖かくなり、いよいよ春らしくなってきました。
散策の折にはぜひお立ち寄りください。

「上巳の節句」展

花粉症の身にはつらい時期ですが、
3月に入りいよいよ春らしくなってきました。

展覧会案内状

さて、伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
春季展覧会の第一弾「上巳の節句」展が好評開催中です。

美術館玄関

本館「友信庵」では「ひな祭り」に関連した久重作品と建一作品の展示。
ギャラリーである「京室 鶴」では春の新作がご覧いただけます。

ぜひご来館ください!

この「上巳の節句」展は今月31日(日)まで。
ぜひご来館ください!

展覧会御礼

日本橋高島屋

日本橋高島屋S.C.本館8階ホールで開催しておりました
「有職御人形司 十二世伊東久重の世界」展が無事終了しました。

会場風景

昨秋の高島屋京都店での展覧会同様、
伊東家の歴史や歴代の作品、
さらに父・久重のこれまでの歩みを振り返る展示がなされ、
私にとっても感慨深い展覧会でした。

「未来への継承」

ありがたいことに会場は連日大盛況!
会期中にいただいたお言葉を糧に今後も制作に励みたいと思います。

お疲れさまでした!

お忙しいところご来場いただきました方々、
お心づくしの御花をお贈りいただいた方々、
また本展開催にご尽力いただきました方々に心から御礼申し上げます。