展覧会ラッシュ

11月に入りすっかり秋らしくなりましたが、
実は伊東家では空前の「展覧会ラッシュ」を迎えています(笑)

宝鏡寺の「人形塚」

1日(金)からは「人形の寺」として有名な
宝鏡寺門跡」で「秋の人形展」が始まりました。
父・久重が理事長を務める伝統文化保存協会所蔵の
貴重な衣装を着けた時代風俗人形5体が展観されています。

洛趣会案内はがき

また先日もお知らせした通り3日(日・祝)・4日(月・振)の二日間、
恒例の「洛趣会展」が臨済宗相国寺派大本山「相国寺」で開催されます。
昭和三年の初開催以来、今年で87回目を迎える歴史ある展覧会です。

秋季展覧会概要

さらに伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
同じく3日(日・祝)より、秋季展覧会後期展として
胡粉高盛金彩絵特別展「人日の節句」展が始まります。

「伊東庄五郎展」案内状表紙

そして何度もお知らせしている通り、
6日(水)からは高島屋大阪店6階美術画廊にて、
「御所人形師 伊東庄五郎展」が開催されます。

いよいよ「芸術の秋」到来。
お時間ございましたら、ぜひお出かけください。

コメントは受け付けていません。