スペインにて・・・

案内状表面

先日の日記でも少し書きましたが、
いよいよ来週の木曜日(15日)からスペインのマドリッドで
日本スペイン外交関係樹立150周年を記念した展覧会、
MUÑECAS DE PALACIO DEL MAESTRO HISASHIGE ITO XII」が
開催されます。

案内状裏面

海外での展覧会は
2004年にオーストリアのウィーンで開催した
「The World of the 12th HISASHIGE ITOH’s GOSHO-NINGYO」以来・・・

拡大!

展覧会は17日(土)までの3日間。
14日(水)には大使館主催の前夜祭も開催されます。
展示される作品は約30点。
古くから親日国とされるスペインで、
伊東家の作品がどのような評価を受けるのか楽しみです。

平成30年度 洛趣会展

洛趣会案内はがき

今年も11月3日(土・祝)と4日(日)の二日間、
恒例の「洛趣会展」が開催されます。

洛趣会同人

昭和三年の初開催以来、今年で86回目を迎える歴史ある展覧会。
今年の会場は「百万遍知恩寺」です。
両日とも会場におりますので、ご来場の折にはぜひお声掛けください。

※本展は案内状をお持ちでない方はご入場いただけません。

展覧会御礼

「京室 鶴」

伊東久重美術館で開催しておりました
秋季特別展「紅葉と御所人形」が無事終了しました。

「友信庵」

遠方のところご来館いただきました方々には心から感謝!

スペイン展案内状

美術館は来月15日から開催する
スペインはマドリッドでの展覧会(詳細後日)を控え、
しばらく休館させていただきます。

今後とも伊東久重美術館をよろしくお願いいたします。

親子共演!

新居関所

先週、時代風俗人形の修復調査のため訪れた新居関所史料館
中日新聞の女性記者がおられて取材を受けたのですが・・・

中日新聞朝刊

数日後、史料館の方が送ってくださった新聞記事を見てびっくり!

「新居関所」記事

建一の記事「40年前の人形 状態確認」の隣には・・・

「伊東久重美術館」記事

なんと、父の「御所人形の魅力伝える『特別展』」の記事が!

浜名湖

まさかの親子共演!
一緒に載る事はあっても別記事で掲載されるのは初めての経験。
記念に取っておきたいと思います。

「紅葉と御所人形」展

美術館の数寄屋門

朝夕涼しくなり、すっかり秋らしくなってきましたが、
伊東久重美術館では本日(13日)から
秋季特別展「紅葉と御所人形」展が始まっています。

「紅葉の絵衝立」

本館「友信庵」では秋から新春にかけての久重作品の展示・・・

「ぶりぶり遊び」

ギャラリー「京室 鶴」では久重の新作に加え、建一作品も少々・・・

この秋季特別展「紅葉と御所人形」は今月23日(日)まで。
ぜひご来館ください!

秋学期開始!

同志社女子大学での講師生活も今年で4年目。
先月末から秋学期の授業が始まっています。

D.W.C.L.A.

気になる(?)授業名は「京都の文化A」。
授業テーマは「御所人形師と学ぶ 京都と人形の魅力」。
我ながら壮大なタイトルを付けたものだと背筋が・・・

同志社女子大学東門

今学期から授業時間を午前に変更。
受講者数が大幅に減るのではと心配しましたが、
例年通り170名(!)ほどの登録となりました。

講義台から見る大教室

4か月で90分授業を15回。
長いように感じますが、実はあっという間の秋学期。
人形について、さらに京都の歴史や文化について、
楽しんで学んでもらえるようがんばりたいと思っています。