ひなまつり

今日から3月。
3月といえば、もちろん「ひなまつり」。

建一作「立雛」

今年も立雛を通じて、うれしいご縁をいただき感謝!
みなさんの成長を見守れるのも、この仕事の楽しみのひとつです。

宝鏡寺の「人形塚」

と、それはともかくあわただしい最中ではありますが、
今年も宝鏡寺門跡の「ひなまつり」にご招待いただき、
夫婦で参列してきました。

島原の菊川太夫による「太夫道中」に「舞の奉納」、
さらに「お琴の演奏」を特等席で拝見・・・

伊東家の「時代風俗人形」

宝鏡寺では4月3日(火)まで「春の人形展」が開催されており、
伊東家の時代風俗人形も7体展示されています。

「小川御所」跡の石碑

去年12月に建立された「小川御所」跡地の石碑。
いよいよ春らしくなってきました。
ぜひお出かけください!

伊東久重美術館

先日の日記でも少し書きましたが、今年は父・久重、
さらに伊東家にとって記念すべき年になりそうです。

案内状表紙

その第一弾はいきなりの大イベント。
来月27日(火)、静岡県の駿河平に・・・なんと!
「有職御人形司 十二世 伊東久重美術館」がオープンします!

「久重挨拶」

ありがたい御縁で実現した念願の美術館設立。
御尽力いただいたすべての方々に感謝の気持ちで一杯です。

「館長挨拶」

御所人形や高盛金彩絵など、
美術館所蔵の父の作品を展示する本館「友信庵」は入母屋造りの日本建築。
館内には茶室も備えており、望む景色は最高です。

また別棟の「京室 鶴」にはギャラリースペースが設けられ、
父の四季折々の新作をご覧いただけるようになっています。

開館記念特別展

開館を記念して開催される特別展『京の雅』は
3月27日(火)から4月15日(日)まで。

展覧会についての詳細は上の画像をクリックしていただくか、
展覧会の予定をご確認ください。

近日オープン予定の美術館HPもぜひご覧ください。http://www.hisashigemuseum.com

住所と地図と・・・

富士山の麓、風光明媚な駿河平。
周辺は自然公園や美術館も点在する爽やかな環境。

美術館ロゴ

新幹線の最寄駅は三島駅となっています。
ぜひご来館ください!

いよいよ・・・

いきなりですが、
この3月からの1年間は父・久重、
さらに伊東家にとって大イベントが目白押しです!

まず来月27日には・・・

しばらくお待ちください!

と、書き始めたものの
その準備に追われ、日記を書いている時間がありません!
詳細は案内状が完成してからお知らせします。

京の冬の旅

展示作品のチェックのため、
いつもお世話になっている表千家会館へ。
今は久重の高盛金彩絵を2点展示しています。

「宝鏡寺門跡」

そのお隣の宝鏡寺では現在「京の冬の旅」が開催中。
こちらには伊東家の時代風俗人形が6体展示されています。

特別公開中!

宝鏡寺さんの特別公開は3月1日から「春の人形展」となり、
4月3日まで行われる予定・・・

「人形塚」の両側には・・・

表千家会館と宝鏡寺、どちらも見どころいっぱいです。
ぜひお立ち寄りください!

御礼

案内状封筒

銀座の和光で開催されていた展覧会、
アートで綴る 和光歳時記」が無事終了しました。

「宝雛」

会期中には日本国内だけでなく
海外からのお客様にもたくさんお越しいただき、
盛会のうちに最終日を迎えることができました。
ご来場の皆様には心から御礼申し上げます。

さて気付けばもうすっかり「年の瀬」。
年末年始ぐらいはゆっくりしたいところなのですが、
同志社女子大学からこんなものが送られてきました!

まだ白紙の試験用紙・・・

同志社女子大学試験用紙・・・

1月5日 締め切り!

2017年度秋学期定期試験出題について・・・

ということで、この時期恒例の「期末テスト」の作成依頼。
しかも提出期限は1月5日(金)・・・
さらに来年度の「シラバス」提出も同日締め切りとなっており、
正月もゆっくりできません!

それはともかく今年もお世話になりました。
良い年をお迎えください。

本日初日!

いよいよ今日から、
銀座の和光で「アートで綴る 和光歳時記」が始まりました。

「和光」のショーウィンドウ

さすが和光さん、
ウィンドウのディスプレイもセンス良くまとまっています。

和光歳時記・P1

14名の作家による美の競演。
建一も無事に3点、出品することができました。

和光歳時記・P2

会期は25日(月)まで。
年末の慌ただしい時期ですが、ぜひご高覧ください。