同志社女子大学

D.W.C.L.A.

早いもので9月も下旬。
6年前から講師を務める同志社女子大学では
いよいよ昨日から秋学期授業が始まりました。

講義台から見る大教室

ご承知のこととは思いますが、
コロナウイルス騒動のため春学期の授業はすべてウェブ授業。
学生さんも私も本当に不自由な思いをしましたが、
この秋学期からはついに対面式授業を行うことが可能となりました!

一番後ろの席から・・・

とはいえ130名を超える登録者数は
このコロナ禍における教室の収容可能人数ギリギリ。
できるだけバラけて座るように伝えてはいるのですが、
来週の初授業ではどんな光景が見れるか楽しみです!(笑)

秋季展覧会のおしらせ

今日からお彼岸。
不思議なものですっかり秋らしくなりました。

秋季展覧会案内状

さて、伊東久重美術館(静岡県駿河平)では
10月4日(日)から11月10日(火)まで、
秋季展覧会が開催されます。

美術館玄関

本館「友信庵」には季節の人形を、
京室「鶴」にはオリンピックにちなんだ新作を展示予定です。

美術館HPへ!

本展覧会は各日各時間帯を1組限定の完全予約制とするなど、
新型コロナウイルス対策には最大の注意を払って開催します。
お時間ございましたらぜひご来館ください。

続・婦人画報8月号

婦人画報8月号

好評発売中の婦人画報8月号は「皇居と御所」特集。
各書店にてお求めいただけます。

婦人画報8月号 84ページ

特集内には御所人形制作をはじめとする
伊東家の仕事についても大きく掲載されています。

婦人画報8月号 85ページ

また記事内でも取り上げられている時代風俗人形
現在京都御所にて開催中の「高御座等の一般参観」でも展観され、
連日多くの入場者で賑わっています。
ぜひご高覧ください!

京都御所一般参観

いきなりですがおしらせです。
京都御所では明日18日(土)から8月27日(木)まで、
高御座等の一般参観」が開催されます。

京都御所の「紫宸殿」

本来なら3月に開催される予定だったのですが「コロナ禍」で延期。
今月に入り、ようやくの開催発表となりました。

「紫宸殿」を真裏から・・・

この一般参観では昨年10月の即位礼正殿の儀で用いられた
高御座(たかみくら)と御帳台(みちょうだい)が公開され、
さらに威儀の者や威儀物捧持者など、
宮内庁所蔵の貴重な装束を着装した伊東家の時代風俗人形も展観されます。

御所内では感染症対策もしっかり施されていますが、
ご来場の際にはぜひ気をつけてお出かけください。