師走

早いもので今日から12月。
箱根の展覧会を終え、ほっとひと息。
展覧会の疲れを癒すため、家族でのんびり温泉に・・・
なんて優雅な時間はもちろんありません!

高島屋京都店での「現代美術・工芸展」にお招きいただき作品を出品・・・

講義台から見る大教室

制作に追われて穴を開けてしまった授業の補講(2回分)と通常授業・・・

南禅寺界隈

ずいぶん前から依頼を受けていた取材数件への対応・・・
ぐらいなら心構えもできていたのですが、
そこに愛車の故障(!)まで加わり、バタバタしている毎日です!

最高にくつろげる空間・・・

ともかく今年もあと1か月。
暖かかったり寒かったり、
不順な天候が続いていますが、御身体にはくれぐれもご自愛ください!

打ち合わせ

とあるお寺の池泉式庭園

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、
ここのところ朝夕すっかり過ごしやすくなりました。
そんな中、展覧会やその他もろもろの打ち合わせで各所へ・・・

とあるお寺の白砂の庭

展覧会はもちろん、
作品制作や修理復元の成功のためには
いずれも念入りな打ち合わせと下見が必要です。

とあるお城の襖絵

この秋も箱根の個展をはじめ、様々な仕事が待っています。
詳細につきましては、またここでお知らせします。

中秋の名月

おとつい9月15日は中秋。
中秋といえば「中秋の名月」。
ということで、14日、15日と「月見の会」に出かけてきました。

東山山荘

14日は東山ドライブウェイ中腹にある「東山山荘」へ。
緑豊かな庭園がとてもきれいでしたが・・・

残念・・・

天気予報はあいにくの「曇り」。
残念ですが月は見えませんでした。
次の日に期待・・・

京都吉兆嵐山本店

そして15日はいよいよ「中秋」。
この日は「とある会」で船遊び(!)。

保津川に浮かぶ船から

船に揺られてビールを飲んでいるとすっかりいい気分、
月のことなどすっかり忘れていたのですが・・・

出ました!

ふと見上げると、見事な月を発見!
船の上から歓声が上がりました。

渡月橋を渡る月

ベストアングルから一枚、名付けて「渡月橋を渡る月」。
例年なかなか拝めない中秋の名月ですが、今年はバッチリ。
思い出深い一日になりました。

続く時は続くもので、実はこの週末にも「月見の会」が・・・
いい写真が撮れたら載せたいと思っていますが、
天気予報は完全に「雨」です!

音楽の秋

実際に「音楽の秋」、なんていう言葉があるのかわからないのですが、
前回の「芸術の秋」からの勢いで・・・

ロームシアター京都

さて、今年1月にリニューアルオープンした「ロームシアター京都」。
今週の日曜日、家族4人でコンサートに行ってきました!

開演前

ここのメインホール、なんと「2000人収容(!)」の大ホールなのですが、
いい意味でその大きさを感じさせない落ち着いた空間設計。
さらに座席配置も工夫されており、快適にステージ鑑賞できます。

終演後

ところで、見かけによらず(?)音楽好きなうちの家族。
実はあるミュージシャンを追いかけて
この1年だけで、東京公演、大阪公演、さらに京都公演2回・・・と、
小・中学生を含む四人家族としてはなかなかの機動力を発揮しています。

東京スカイツリーオリックス劇場

もちろんどの会場でも、次男(小3)は完全に浮いてるのですが
本人はその「浮き具合」も楽しんでいるようで・・・
誰に似たのかわかりませんが、頼もしい限りです!

誕生日

今日は8月27日。
特になんということもない普通の日ですが、
実は昨日26日はおばあちゃんの誕生日、
そして明日28日は父、久重の誕生日です。
おばあちゃんは今年で99才(!)、父は廻り年の72才。
どちらも縁起のいい年齢、明日は家族でお祝いの予定です。

芥子のうちわ

いきなりですが、この前に続いて「うちわ」の話。
今回は小倉遊亀さんのうちわ、大胆に「芥子」が描かれています。

かなり年季が入っていますが、
それも当然、実はこのうちわ「昭和53年」製。
なんと38年も前に作られたものです。
ちなみに前回の中川一政さんのうちわは「昭和55年」製。
どちらもさすがの貫禄です。

お地蔵さん

8月も20日を過ぎると「地蔵盆」。
実は京都が発祥のこの行事、
最近では8月下旬の土日に行われる事が多いようですが、
うちでは例年通り23日に庭のお地蔵さんに新しい前掛けを着せ、
子供たちの名前が入った提灯を飾ります。

庭のお地蔵さん

この「お地蔵さん」が終わると夏の行事もおしまい。
いよいよ秋の気配が感じられます。

金魚のうちわ

家にあった、中川一政さんの絵が描かれたうちわ。
ぷくっとした金魚がなんともいえない、いい雰囲気。
絵はもちろん、形もバッチリ。
ちなみにこれも阿以波さん製だそうです。