「都をどり」

4月といえば「都をどり」。
今年は祇園の歌舞練場が耐震工事で休館中のため、
京都芸術劇場「春秋座」に場所を変えての開催となりました。

「都をどり in 春秋座」

今年は会期も少し短く、23日(日)が千秋楽。
席を取っておこうと思いながらも
なかなか予定が立たず、ゆっくり構えていたら、
なんとすでに切符は完売、「残席わずか」とのこと。
あわてて席を確保してもらった結果、
なんと「2階最後列端」という「特別感あふれる席」で
観賞することができました!

京都タワー

週末は結婚式へ。
帰りに通りがかった「京都タワー」を観光客に交じって写真撮影。
恥ずかしさに耐え、急いで撮ったこの一枚。
今週の授業の「ネタ」になる予定です。

満員御礼!

文化講演会チラシ

先日の日記でもお知らせしていました
建一が所属する京都ライオンズクラブ主催の
第5回文化講演会「もっと身近に 能と狂言」は
お申し込みが定員に達したため、受付を終了させていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
ご来場の方々には当日お会いできますのを楽しみにしております。

名勝「御室桜」

年中観光客でにぎわう京都ですが、
特にこの桜の時期はどこに行ってもすごい人!

宸殿から見る二王門

と、そんな花見シーズンの真っ最中、
御室桜」で有名な世界文化遺産・真言宗御室派総本山「仁和寺」の
夜桜観賞の会にご招待いただき、夫婦で参加してきました。

中門から見る金堂

しかしこの日は朝から本降りの雨。
どうなることか心配していたのですが、
なんと開会直前にピタッとやんでくれる幸運。

名勝「御室桜」

今年も仁和寺仁和会の名誉総裁である
高円宮妃久子殿下のご臨席を賜り開催されたこの観桜会。
いつもながら殿下の気さくな御人柄に触れ、
親しくお話しさせていただき心から感謝・・・

桜越しに見る五重塔

市内の桜はほぼ「散り初め」といったところですが、
遅咲きで知られる仁和寺の御室桜はまだ「七分咲き」。
この週末はまさに見頃。ぜひお出かけください!

家族旅行

ちょっと時間ができたので、思い切って家族旅行へ!

伊勢神宮内宮

とは言っても、車で行ける範囲。
伊勢・鳥羽から奈良方面へ・・・
やはり近場の旅行は気が楽です。

やっぱり「赤福」!

車中では今まで撮り貯めた息子の成長記録DVD鑑賞。
車内は大爆笑。いい気分転換になりました。

「大和なでしこ卵プリン」

今日から息子達は学校。
私も今週から同志社女子大学の春学期授業が始まります。
こちらは今年で3年目。
少し慣れてはきましたが、今回もかなりの受講人数とのこと。
やはり最初の授業は緊張します・・・

京都LC文化講演会

いよいよ今日から4月。
予定では「4月になったらゆっくりできる」はずでしたが、
そんな余裕はまったくなく、妻が計画していた旅行もキャンセル・・・
家では子供たちの悲鳴が!

と、そんな悲劇とは関係無く、素晴らしいイベントのお知らせです。
5月10日(水)、建一が所属する京都ライオンズクラブが主催する
文化講演会「 もっと身近に 能と狂言 」が金剛能楽堂で開催されます。

文化講演会チラシ

京都ライオンズクラブは
「文化の振興」「美術・工芸の振興」「伝統の継承」を目的に
これまで4回にわたり、文化講演会を開催してきました。

第5回目となる今回の文化講演会は
クラブメンバーにも縁の深い「能」と「狂言」にスポットを当て、
その魅力に楽しく迫りたいと考えています。

チラシ裏面

他では見ることのできない、
「金剛流」と「観世流」の共演も大きな見どころです。

これは金剛流宗家・金剛永謹氏、
観世流片山家当主・片山九郎右衛門氏、
大蔵流狂言師・茂山千三郎氏が
京都LCメンバーであることによって実現した夢の企画。

伝統芸能の魅力をわかりやすく知る、またとない機会です。
入場料は破格の「2千円」!
通常ではありえない価格設定となっています。

京都ライオンズクラブHP

京都ライオンズクラブのホームページからもお申込みいただけますし、
4月4日(火)の京都新聞朝刊にも広告が掲載されます。

実はこの文化講演会、建一が企画運営責任者!
これが無事に終わるまでは気が休まりません。
ぜひ、お気軽にご参加ください。