秋学期終了!

同志社女子大学東門

同志社女子大学での授業も今年で3年目。
その秋学期が先日終了しました。

講義台から見る大教室

今期は秋学期としては過去最高の185名(!)の受講生。
5名の留学生も加わり、楽しい授業となりました。

満点!

学期の締めくくりには、いつも通り(簡単な)期末テスト。
しかし相変わらず学習能力の無い私。
つい「レポート問題」を入れてしまうため、
読むのは楽しいのですが、評価するのが大変です!

立春大吉

今日は「立春」。
ということで、暦の上ではいよいよ今日から春!
自分としては「元日」以上に爽やかな気持ちになれる日です。

天龍寺「節分祭」

さて今日が「立春」ということは、昨日は「節分」。
天龍寺の「節分祭」に次男の版画が展示されることになり・・・

展示作品が・・・

せっかくの機会、ぜひ見に行こうと思っていたのですが
残念ながら仕事で時間が取れず、家族を代表して妻と次男が・・・

近寄ってみると・・・

普段はサッカー一筋。
美術のセンスがありそうに思えない次男の作品に興味津々の私。
妻から送られてきたメールを見ると・・・

衝撃!

衝撃!
小4と思えない大胆な構図!
わざわざ見に行ってくれた「じいじ」と「ばあば」にも褒められご満悦。
たしかになかなかの迫力です。

校正!

詳細はあらためてお知らせしますが、
3月に「大慶事」と9月に「晴れ舞台」を控え、
制作に一段と力が入る毎日・・・

校正!

とはいいながら、頻繁に入ってくる事務仕事。
先日も書いた河原書店さんの「茶道雑誌」特集記事の校正。
こちらは当初の予定以上のボリューム、
全22ページ(!)の大特集となり読むだけでも大変・・・

いい写真!

取材当日は約3時間もお話しさせてもらいましたが、
上手くまとめていただき感謝。
写真もきれいに撮っていただき、充実した内容になっています。
発売は3月初め、ぜひご高覧ください!

心機一転!

タイトルは大げさですが、
たいしたことではありません。

「紙貼り」終了!

冬のこの時期は「彫る」季節。
どれも大事な工程である「粗彫り」「上彫り」に「紙貼り」・・・
春先の「胡粉塗り」に向け、準備を進めています。

心機一転!

12年前に買った小刀。
自分で柄を作り「麻紐」を巻いて使っているのですが、
年明けを機に心機一転、新しく巻き直しました。

珍しい「竹紐」

何を巻こうか迷った末に選んだのは「竹紐」。
どこか探せば何か出てくる恵まれた環境(?)に感謝!

京の冬の旅

展示作品のチェックのため、
いつもお世話になっている表千家会館へ。
今は久重の高盛金彩絵を2点展示しています。

「宝鏡寺門跡」

そのお隣の宝鏡寺では現在「京の冬の旅」が開催中。
こちらには伊東家の時代風俗人形が6体展示されています。

特別公開中!

宝鏡寺さんの特別公開は3月1日から「春の人形展」となり、
4月3日まで行われる予定・・・

「人形塚」の両側には・・・

表千家会館と宝鏡寺、どちらも見どころいっぱいです。
ぜひお立ち寄りください!

取材!

今日は小正月。
京都はこの冬一番の冷え込みとなりました。

うっすらと・・・

朝にはうっすらと雪が積もるほどの寒さ。
皆様、体調管理にはくれぐれもご留意ください・・・
と、それはさておき本日、
茶道関連の書籍を多数出版しておられる河原書店の「茶道雑誌」の取材で、
めずらしく親子(久重・建一)揃ってインタビューを受けました。

庭にも・・・

それぞれ別々には取材を受けたり
人前でお話しさせていただく機会も多い二人ですが、
親子並んでインタビューに臨むのは
私の記憶では京都高島屋での展覧会以来、4年ぶり!

「床の間」で撮影!

今回の記事はカラー8ページ、モノクロ8ページの大特集。
御所人形のこと、家のこと、制作のこと、茶道のこと・・・など、
約3時間(!)もお話しさせていただきました。

最初は少し照れくさかった親子並んでの取材でしたが、
初めて聞く話などもあり、たいへん勉強になりました。
掲載は「3月号」、
詳細はあらためてお知らせさせていただきます。