建国記念日

今日は2月11日。
2月11日といえば祝日、建国記念日。
実は・・・誕生日です!
とはいえ、この年になると、誕生日といっても特にうれしいこともなく・・・

「婦人画報」より

適当な写真がないので、6年前に「婦人画報」に掲載された、
息子の友達に好評だった横顔写真を・・・

いつもは「顔出しNG」の私ですが、このアングルはギリギリOK。
今後ともよろしくお願いいたします。

秋学期終了!

この春から講師を務めている同志社女子大学の秋学期が終了しました。
授業タイトルは「京都の文化A」、90分授業を15回の長丁場。

D.W.C.L.A.

春学期、京田辺キャンパスでの248名に続いて、
秋学期の今出川キャンパスでは139名の女の子が受講してくれました。

講義台から見る大教室

毎週、教室を埋めつくす女子大生を前に緊張の連続でしたが、
なんとか無事に(?)講義を終えることができ、ひと安心。

学期末にはやはり期末テスト。
制作のヒントになるおもしろい意見が書いてるものもあり、
なかなか参考になります。

ただなんといってもこれだけの量、
読んでるだけなら楽しいのですが、採点するのは大変です!

講演会打ち合わせ

4月23日(土)に開催予定の講演会の会場下見と
打ち合わせのため「市内某所」へ・・・

見事な水車

と、内緒にする必要はまったくないのですが、
まだ「講演タイトル」も思案中の落ち着かない現状。
詳細が決まり、案内チラシができればすぐお知らせします。

それにしても、いつ見ても立派な水車です!

金の冠

金の冠

上の写真、
源氏物語第7帖『紅葉賀』に描かれている、
青海波を舞う「光源氏」と「頭中将」を表現した革新的な作品・・・
ではありません!
これは父の作品「しらたま雛」に着ける金の冠。

いい感じに塗れてます!

にも書きましたが、金彩は配合に微妙な調整を必要とする気を遣う工程。
昔は泣かされることもありましたが、最近はそういう事もなくなりました。

ということで、ここまでくれば「しらたま雛」、いよいよ完成間近です!

新年祝賀会

京都ブライトンホテル

父が監事を務めさせていただいている、
伝統文化保存協会」の新年祝賀会に出席するため、
京都ブライトンホテルに行ってきました。

ロビーの花

有職故実の調査研究機関として昭和28年に設立されて以来、
六十年を数える歴史ある団体。

ステージ

井上流の舞に教王護国寺(東寺)の森泰長執事長による基調講演。
なにより、ひさしぶりの「皇居遥拝」には背筋が伸びました!

祇王寺

制作の合間に犬の散歩。
いつもの道を少し逸れ、
自宅からすぐの距離にもかかわらず、
ほとんど行くことがない「祇王寺」へ。

祇王寺

といっても、あたりも薄暗くなり、すでに拝観時間外。
趣のある門だけ眺めて帰ってきました。

苔庭

なんといっても「苔」が有名なこのお寺。
人気のシーズンに行くとこんな感じです!