京都御所 秋の一般公開 2015

清涼殿から外を眺める

いよいよ展覧会3日前。
実は予想外のハプニングが起こり、
バタバタしている最中ですが、京都御所へ。

京都御所紫宸殿

今秋も10月30日(金)から11月3日(火・祝)までの5日間、
京都御所で秋の一般公開が行われます。
今回も伊東家の時代風俗人形が9体、
「清涼殿」と「大臣宿所」で展観されます。
たくさんの人出が予想されますが、ぜひご高覧ください。

「徹子の部屋」展

あわただしく高島屋京都店で開催中の「徹子の部屋」展へ。
皆さんご存じの「徹子の部屋」は放送開始から今年で40年。
放映回数10,000回を数える、文字通り「国民的番組」です。

「徹子の部屋」展

ところで、写真ではわかりにくいですが、
右の方に「伊東久重」さんからの御祝いの花が・・・
実は父、17年前にこの番組に出演しています!

「徹子の部屋」展は10月26日(月)まで。
お時間がございましたら、ぜひお立ち寄りください。

展覧会案内状

ついに展覧会10日前!
案内状も完成し、いよいよ気分も盛り上がってきました。

福屋案内状

最近そうすることが多いのですが、
今回の案内状もレイアウトなどはデザイン会社にすべておまかせ。
「あえて取った」という余白部分がなかなかいい感じです。

福屋のホームページにも展覧会の予告が掲載されています。
ぜひご覧ください!

『日本衣装絵巻』

今週末17日(土)から始まる展覧会、
日本衣装絵巻-卑弥呼から篤姫の時代まで-』の準備のため、
六甲アイランドにある、神戸ファッション美術館へ。

神戸ファッション美術館

本展では古墳時代から江戸時代の復元女性衣装100領のほか、
奈良時代と江戸時代の貴重な衣装を着装した、
伊東家の時代風俗人形が展観されます。

「日本衣装絵巻」

来年1月12日(火)まで開催されるこの展覧会、
お時間がございましたら、ぜひご来場ください。

しかし設営と着付け中は、ビデオカメラが至近距離で回りっぱなし・・・
ひさしぶりに緊張しました!

最後のひとり!

今日は10月9日、いよいよ展覧会20日前・・・
と、わざわざ数えて「自分で自分を焦らせる」自爆行為!
何度も書いているように「持物」を作ったり、
他にも細かな詰めの仕事に追われているのですが・・・

最後のひとり!

実は最後の最後にやってきた「最後のひとり」。
一時は間に合わないかと思いましたが、「上塗り」が順調に進み、
あとは「顔描き」を残すのみとなりました。
しかし時間的にはギリギリ。
展覧会に出せるかどうかは、来週が「正念場」です!

謎の赤い物体

いよいよ10月に入りました。
ただ前回も書いたように、
まだ「髪付け」や「持物を作ったり」など、
細かな仕上げの工程が残っています。

謎の赤い物体

そんな中、ふと思いついて切り始めた「謎の赤い物体」。
と、おおげさに書きましたが、これがなかなか地味な作業。

さて何に使うのか。
ぜひ展覧会でご覧ください。