楽しい「粗彫り」

ここしばらく、工程は「粗彫り」が続いています。

楽しい工程

これは父が依頼された、「対」になる作品の片方。
この人形の場合、「なんとなく右に寄っている」のがポイントです。
下図はもちろん父、最低限にしか描かれてませんが、
意図を汲んで慎重に彫っていきます。
この「粗彫り」、最初の頃は単純な作業に思いましたが、
今では「完成した姿」をイメージして取り掛かれるようになりました。
楽しい工程です。

祇園祭と伊東家

いよいよ7月。
7月といえば、やはり京都は「祇園祭」です。

特等席から!

さて、この祇園祭、
どうしても17日の「前祭巡行」と
24日の「後祭巡行」が注目されがちですが、
実は1日から31日まで、様々な神事・行事が行われる
「開催期間の長いお祭り」としても知られています。
1日の「吉符入り」に続き、今日2日は「くじ取り式」が行われます。

「和泉小次郎親衡」像

伊東家にとっても、非常に縁が深いこの祇園祭。
以前の日記をまとめてみました。
ぜひお読みください。

長刀鉾「和泉小次郎親衡」像
長刀鉾「和泉小次郎親衡」像2
月鉾稚児人形「於菟麿」

続・二条城

無人の二の丸御殿前

先週に引き続き、展示調査のため閉城後の「二条城」へ。
前回は観覧時間中だったため、
どう頑張っても人が写ってしまいましたが、今回はばっちり。

誰もいない紫宸殿

以前撮った、誰もいない京都御所の「紫宸殿」。
やはりどちらも歴史ある建物、独特の雰囲気、すごい迫力です!

仁和寺

この前の「二条城」に続いての世界遺産めぐり。
展覧会の打ち合わせで「仁和寺」へ。

参道から見た二王門

人がいない瞬間を狙って記念撮影。
人気の観光地だけになかなか大変です。

白書院から見た勅使門

遅咲きの「御室桜」でも有名なこの仁和寺。
創建はなんと!
今から1128年前の仁和4年(888年)!

この歴史あるお寺での展覧会。
詳細が決まり次第、またここでお知らせします。

二条城

二の丸御殿

打ち合わせで、世界文化遺産「二条城」へ。
国宝・二の丸御殿では曽祖父の仕事をひさしぶりに目にしました。

それにしてもさすが人気の観光スポット。
どちらを見渡しても、人がいっぱいです!

マシュラベーヤの家具達 展

「マシュラベーヤの家具達」展

突然ですが、展覧会のお知らせです。
今日13日(月)から17日(金)まで、
祇園町南側の「空 鍵屋」にて
「マシュラベーヤの家具達」展が開催されます。

ぜひご高覧ください!

この展覧会を主催される「Nefer Gallery」(ネフェルギャラリー)さんは
エジプトを中心にレバノンやイエメンなどの中東、
またその近隣諸国の伝統技法を用いた手作り品を紹介されており、
さらにその収益の一部を毎年、エジプトの火傷施設や教育施設、
恵まれない貧しい子供や女性達へ届ける支援活動を続けておられます。

案内状

今回の展覧会ではエジプトやシリアに伝わる伝統工芸、
細やかな「マシュラベーヤ」の細工に、
人気の木工作家・佃眞吾さんによる創作が加わった小さな家具など、
素晴らしい作品が展示される予定です。
ぜひご高覧ください!

「佃眞吾」展案内状

また本展と連動し、会場向かい「ZEN」2Fの「昂KYOTO」では
「佃眞吾」展が開催されます。
こちらも併せて、ぜひお立ち寄りください。

お向かいの「佃眞吾」展