取材!

今日は小正月。
京都はこの冬一番の冷え込みとなりました。

うっすらと・・・

朝にはうっすらと雪が積もるほどの寒さ。
皆様、体調管理にはくれぐれもご留意ください・・・
と、それはさておき本日、
茶道関連の書籍を多数出版しておられる河原書店の「茶道雑誌」の取材で、
めずらしく親子(久重・建一)揃ってインタビューを受けました。

庭にも・・・

それぞれ別々には取材を受けたり
人前でお話しさせていただく機会も多い二人ですが、
親子並んでインタビューに臨むのは
私の記憶では京都高島屋での展覧会以来、4年ぶり!

「床の間」で撮影!

今回の記事はカラー8ページ、モノクロ8ページの大特集。
御所人形のこと、家のこと、制作のこと、茶道のこと・・・など、
約3時間(!)もお話しさせていただきました。

最初は少し照れくさかった親子並んでの取材でしたが、
初めて聞く話などもあり、たいへん勉強になりました。
掲載は「3月号」、
詳細はあらためてお知らせさせていただきます。

初「◯◯」

これまで「5日おきには更新」を目標としてきた「ちびたま日記」ですが、
忙しすぎて初めてノルマを破ってしまいました!

ほぼ完成!

とはいえ、もちろん「日記」よりも「仕事」優先!
まずはタイトル通り、今年の初「作品」。
明日締め切りの作品5点の制作を終え、ほっとひと息・・・

同志社女子大学東門

その勢いで、今年の初「授業」。
同志社女子大学の今年初めての講義を終え、ほっとひと息・・・
いつも「オヤジギャグ」連発のこちらの授業では
初「スベリ」も見事に(?)決まって、ほっとひと息・・・

表千家「表門」

さらに今年一年の新たなスタートに表千家さんの初「釜」へ!
新春を寿ぐ厳粛な空気に今年も感激・・・

今年は伊東家にとって大きな節目の年になりそうですが、
おかげさまでいいスタートが切れました!
本年もよろしくお願いいたします。

年末年始

制作中の「宝雛」

喪中ということで家の行事も例年より少なめ。
ゆっくりできると思っていた年末年始ですが、
実はこの時期は立雛制作の追い込みシーズン。
今年もたくさんお声掛けいただき、休日返上で制作しています。

極寒のグラウンド!

そんな両親同様、年末は30日まで、
年明けはなんと元日(!)からサッカーに励む次男。
日帰りの地方遠征に極寒の中の夜の試合、
ただひたすら走るだけのランニング練習にさえ
笑顔で出かけていく向上心(?)には感心します。

期末テスト

制作の合間に正月休みの宿題を終え、ほっとひと息。
いつものことですが「問題が簡単過ぎたのでは?」と反省・・・

ごあいさつ

皆様におかれましては
健やかに新春をお迎えのことと存じ上げます。

十二世久重作 木彫御所人形「祈り」

今年は喪中のため、新年のご挨拶を控えさせていただきました。
本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほどお願いいたします。

御礼

案内状封筒

銀座の和光で開催されていた展覧会、
アートで綴る 和光歳時記」が無事終了しました。

「宝雛」

会期中には日本国内だけでなく
海外からのお客様にもたくさんお越しいただき、
盛会のうちに最終日を迎えることができました。
ご来場の皆様には心から御礼申し上げます。

さて気付けばもうすっかり「年の瀬」。
年末年始ぐらいはゆっくりしたいところなのですが、
同志社女子大学からこんなものが送られてきました!

まだ白紙の試験用紙・・・

同志社女子大学試験用紙・・・

1月5日 締め切り!

2017年度秋学期定期試験出題について・・・

ということで、この時期恒例の「期末テスト」の作成依頼。
しかも提出期限は1月5日(金)・・・
さらに来年度の「シラバス」提出も同日締め切りとなっており、
正月もゆっくりできません!

それはともかく今年もお世話になりました。
良い年をお迎えください。

終い天神

一の鳥居

ふと思い立って北野天満宮へ。
古くから「学問の神様」として人気の北野天満宮では
毎月25日に「市」が開かれ、多くの人でにぎわっています。

本殿へ・・・

なかでも12月は「終い天神」と呼ばれ、いつも以上の参拝者。
私も「何かいい物があるかも・・・」と出かけたのですが、
あまりの人の多さに買い物もそこそこに帰ってきました。

楼門の「ジャンボ絵馬」

帰り道に振り返ると、
大先輩ながら親しくさせていただいている
三輪晃久先生の「ジャンボ絵馬」が!
背中に人の圧力を感じながらも素早く記念撮影!